ちはやふるweek in あわら

  • 綿谷新の住む町あわら市
  • あわら市について
  • ちはやふるweek in あわらについて
  • 第49回全国競技かるた女流選手権大会

漫画、アニメ、映画で大人気の「ちはやふる」とあわら市の関係

競技かるたを題材にした「ちはやふる」

「ちはやふる」は、2007年から「BE LOVE」(講談社)で連載中の、末次由紀先生による競技かるたを題材にした青春漫画です。
競技かるたの奥深さや魅力とともに、かるたを通じて、登場人物たちが成長していく姿や友情が深まっていく様子が描かれており、男女問わず高い人気があります。単行本の発行部数は1,700万部を超え、2011年と2013年には、日本テレビでもアニメ化され、また2016年には2部作で実写映画化もされました。

綿谷新のふるさと「あわら市」

主人公の「綾瀬 千早(あやせ ちはや)」が競技かるたに夢中になるきっかけを作ったのがあわら市出身の「綿谷 新(わたや あらた)」です。
作中には、千早たちが新に会うためにあわら市を訪れるシーンがあり、JR芦原温泉駅やその周辺の風景が登場します。また、あわら市役所に勤務しているという設定の村尾さんも、新の先輩として登場します。

「かるた」が盛んな福井県

競技かるたが盛んな福井県では、学校で競技かるたを学ぶ機会があり、また地域にかるた会も多く、多くの子どもたちが小さなころから競技かるたに親しんでいます。
これまでにも、クイーンや、全日本かるた選手権大会、全国選抜かるた大会などでの優勝者を輩出していることから、「かるた王国福井」とも呼ばれています。そして、2016年1月、福井県から念願の名人が誕生しました。

↑ページのトップへ